前歯の変色でお悩みの方

前歯の変色は当院へお任せください

白くて美しい前歯は、きっとあなたの毎日を明るくしてくれます。歯がきれいだと笑顔に自信が持てるようになり、自然と魅力的な笑顔が浮かべられるようになります。そして笑顔が素敵なものになると、心も明るくなってきれいな心でいられるようになるのではないでしょうか。

加齢、生活習慣、差し歯の変色など、前歯の変色や黄ばみの原因は様々ですが、患者様のご希望やお口の中の状態に応じて最適な治療をご提案させて頂きますので、まずは一度あなたのお悩みをお聞かせ下さい。

歯が変色する原因

汚れの付着

食べかすや歯垢(プラーク)などの汚れが歯の表面に付着していると、歯が変色してしまうことがあります。こうした歯の表面の汚れは、「PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)」という専門的なクリーニングで改善することが可能です。

ホワイトニングを受けなくても、定期的なクリーニングだけで歯が白くきれいになってお悩みが解消することもあります。
初めて審美歯科治療を受けられる方、一度審美歯科治療を試してみたい方などにおすすめです。

生活習慣

コーヒーや赤ワイン、茶渋、タバコのヤニなど、生活習慣が原因で歯が変色してしまうことがあります。こうした生活習慣による歯の変色には、ホワイトニングがおすすめです。当院ではお一人でも多くの方に白い歯を手に入れて頂くために、ホワイトニングをリーズナブルな価格で提供しています。

ホワイトニングには「オフィスホワイトニング(歯科医院で行うホワイトニング)」「ホームホワイトニング(ご自宅で行うホワイトニング)」の2種類がありますが、より高いホワイトニング効果をご希望なら、2種類のホワイトニングを併用する「デュアルホワイトニング」がおすすめです。

加齢

加齢とともに歯の表面(エナメル質)が薄くなり、その下の象牙質の色が透過されやすくなることで、歯が黄ばんで見えることがあります。加齢による歯の黄ばみも、ホワイトニングで白くすることが可能です。

詰め物・被せ物の変色

以前に入れた銀歯などの金属素材の詰め物・被せ物や、レジン(歯科用プラスチック)などの素材は経年的に変色してしまうことがあります。こうした詰め物・被せ物を変色しにくく、白くて透明感のあるセラミック素材に入れ替えることで、お口まわりの印象を良くすることができます。

前歯が変色していると…

前歯が変色していたり、黄ばんでいたりすると、次のような悪影響がおよぶ場合があります。

  • 自分の笑顔に自信が持てなくなる
  • 人前で口を開けて笑えなくなる
  • 笑う時、無意識に手で口元を隠すようになる
  • コンプレックスの原因となる
  • 対人関係において積極的になれなくなる

前歯の変色の治療

クリーニング(PMTC)

ホワイトニングのような本格的な治療ではなく、もっと気軽に歯の汚れやくすみなどを落として白くきれいにしたい方には、定期的なクリーニングがおすすめです。「PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)」という専門的なクリーニングを定期的に受けることで、今まで悩んでいた歯の変色を解消することも可能です。病気予防にも効果的ですので、「初めての審美歯科治療」として是非体験してみて下さい。

ホワイトニング 

専用のホワイトニングジェルを使って、歯を内側から漂白して白くする方法です。歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、患者様がご自宅で行う「ホームホワイトニング」がありますが、より効果的で白さを持続させたいとご希望であれば、2つのホワイトニングを併用する「デュアルホワイトニング」がおすすめです。どちらか片方のホワイトニングを行うよりも高いホワイトニング効果が得られ、長期間色戻りを防ぐことができます。

オールセラミック治療

銀歯などの金属素材の詰め物・被せ物を、審美性が高くお体にも優しいセラミック素材の詰め物・被せ物に入れ替えたり、歯の表面を少しだけ削ってシェル状のセラミックを貼り付けたりする(ラミネートベニア)方法などがあります。前歯のセラミック治療には、「e-max」や「ジルコニア」などの審美性の高い素材がおすすめです。
セラミック治療は自費診療となりますが、保険適用内で白い歯が入れられるCAD/CAMやコンポジットレジン修復などの治療も行っております。ただし、これらは噛み合わせなどによっては適応外となる場合もありますので、詳しくは一度当院へご相談下さい。

ファイバーコア

ファイバーコアとは、グラスファイバーの芯と強化プラスチックで作られた歯の土台(コア)のことです。保険診療では歯の土台に主に銀合金(メタルコア)が使われますが、銀合金には「変色する」「歯茎が黒ずむ」「歯が割れやすい」「金属アレルギーのリスクがある」などのデメリットがあります。
一方、ファイバーコアは金属を一切使用しないので、金属の溶出による歯や歯茎の変色がありませんし、金属アレルギーのリスクもありません。また、ファイバーコアの硬度や弾力性は天然歯に近いので、歯根が破折しにくいという特徴があります。色が白いので審美性が高く、オールセラミックの被せ物(クラウン)を入れられる方などへ特におすすめです。