すきっ歯でお悩みの方

すきっ歯の改善は当院へお任せください 

すきっ歯とは、歯と歯の間に隙間がある状態を言い、正式には「空隙歯列(くうげきしれつ)」「歯間離開歯(しかんりかいし)」と呼ばれます。すきっ歯になると、隙間に食べ物が詰まって虫歯などの病気になりやすくなるほか、人目につきやすい前歯がすきっ歯だと口元の印象が悪くなることもあります。
すきっ歯は本格的な矯正治療以外にも、ラミネートベニアや部分矯正などの負担の少ない治療で改善することも可能ですので、すきっ歯でお悩みの方は是非一度当院へご相談下さい。

すきっ歯の原因

すきっ歯の主な原因は遺伝的要因と言われており、歯の大きさに対して顎が大き過ぎたり、反対に顎の大きさに対して歯が小さ過ぎたりすることで、歯と歯の間に隙間ができるとされています。

生まれつき歯が小さい「矮小歯」や、生えてくるはずの歯が生えてこない「埋伏歯」、生まれつき歯の本数が足りない「先天性欠如」などが原因で起こる場合もあります。

遺伝的要因だけではありません。虫歯などの病気やお口まわりの悪癖などの後天的要因で起こる場合もあります。虫歯で歯を失ったり、歯周病で歯茎が下がったりすることでも、歯と歯の間に隙間ができるようになります。また、舌で歯を前に押し出す悪癖もすきっ歯の原因となりますのでご注意下さい。

すきっ歯を放っておくと…

コンプレックスの原因となる場合があります

すきっ歯のうち、特に前歯がすきっ歯だと口元の印象が損なわれる場合があります。すきっ歯にコンプレックを感じて、誰かと話をする時についつい相手の視線が気になる…という方もいらっしゃいます。

食べかすが詰まって病気になりやすくなります

すきっ歯は前歯だけでなく、奥歯や歯列全体で起こることもあります。そうした場合、歯と歯の間に食べかすが詰まって虫歯などの病気にかかりやすくなることがあります。

発音障害の原因となる場合があります

歯と歯の間に隙間があると、きちんと発音できないなど、発音障害の原因となる場合があります。特にサ行やタ行など、空気を吐き出す音を発音する時に滑舌が悪くなったり、発音が不明瞭になったりすることがあります。

すきっ歯の治療 

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面(エナメル質)を0.4~1.0mm程度だけ削り、薄いシェル状のセラミックを貼り付ける方法です。軽度のすきっ歯であれば、この方法により短期間で改善することが可能です。ただし、あまり歯と歯の隙間が大き過ぎると治療が難しい場合がありますので、まずは一度当院へご相談下さい。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、歯の表面にコンポジットレジンを塗り重ねて歯の形や色を整える方法です。天然歯を削らずにすきっ歯を改善することが可能です。ただし、欠けたり汚れの付着や変色が起こる場合がありますので、治療後は定期的なメンテナンスを受ける必要があります。

部分矯正

部分矯正とは、歯並び全体を矯正するのではなく、前歯など気になる部分の歯並びだけを矯正する方法です。治療範囲が限られているので、通常の矯正治療よりも短い期間で治療を終えることが可能で、費用も抑えられます。「前歯のすきっ歯だけを改善したい」という方などにおすすめです。
症状によっては部分矯正が適さないケースもございますので、まずはお気軽にご相談ください。